新車を購入する際に、新車自体の値引きは出来ないけれど、代わりに無料でオプションサービスを付けてくれるというケースも少なくありません。後から自分で購入して取り付けるよりも、オプションで付けてもらう方が断然お得だと言えます。
では新車購入時に、どんなオプションを付けると便利なのか、いくつか紹介していきます。

付けると便利なオプション

あるアンケート調査では、新車購入時につけて良かったオプションランキングで、ベスト3位に、ETC車載器、純正カーナビ、バックモニターが選ばれました。

ETC搭載器をつけておくと、高速道路で料金の支払いが楽になりますし、またETC車載器があると高速料金の割引を受ける事が出来るのでお得だと言えます。

また純正カーナビも根強い人気があります。
カーナビは後付けする事も可能ですが、やはり純正カーナビの方がキレイに収まり車内がスッキリとします。
またメーカーのサービスを受けられるという点で、安心感もあります。

バックモニターに関しても、駐車場の車庫入れや運転中の死角確認などが出来るので、あると便利ですし、安全性が高まります。

また今回のアンケート調査では、カーナビとバックモニターは別物として、それぞれランクインしています。
しかし最近のカーナビの機能には、バックカメラに対応している商品もあります。
カーナビとバックモニターを1つに、まとめる事が出来たら、その方がさらにお得だと言えます。

付けなくても困らないオプション

では逆に、新車購入時にせっかうオプションで付けたけれど、実際には不要だと感じるオプションも存在します。
特にサンルーフは、付けても開けるのが面倒で結局使用しないケースが多いようです、
また付けると便利なオプションでも、上位にランクインした純正カーナビは、付けなくても困らないオプションでも上位にランクインしています。

マップ更新にお金がかかると感じていたり、カーナビがなくてもスマホのナビで十分と感じている人もいるようです。
なのでオプションに選ぶ場合に、純正カーナビが本当に自分に必要なのかどうか、考慮してから選ぶようにしましょう。

関連する記事